(konishirokuからリブログ)

jfkhgenet:

東京女子流 新井ひとみ

(jfkhgenetからリブログ)

○営業部長:「社長、最近の若い子は昔と違って自分からは何もやりませんな。一から十まで言わないと動かない。困ったものです」

●社長:「そうなのか。若くてもしっかりした考えを持っている子もいるだろう」

○営業部長:「いやいや。若い子と言っても、私が言っているのは30代の主任や係長です。働き盛りの年齢なのに、この層が一番ひどい。社長はあまりご存知ないかもしれませんが、30歳を過ぎても自分からやろうという気持ちが全然ない。危機感がない世代と言いましょうか」

●社長:「色々な社員がいるだろうから、主体性が少々欠けている者もいるだろうな」

○営業部長:「少々というか、まったく駄目ですな。これだから日本は世界の中で後れをとっていくのではないですか」

●社長:「そういった部下にどう働きかけているのかね」

○営業部長:「うーん、働きかけですか。と言いますか、どうして最近の子はああなのでしょうか。社長は色々な企業を見ておられるからご存じでしょう。どこの会社も、言うことを聞かない若い子ばっかりですか」

●社長:「『すり替え』は止めたまえ。私の質問にまず答えてくれないか」

○営業部長:「まぁ、きちんと意識して仕事をやってもらいたいです。もっと問題意識を持ってほしいというか」

●社長:「もらいたいとか、ほしいとか、君が願っていても埒が明かない。主語を『自分』にして、君がそういった部下に何をどう働きかけているのか、それを説明したまえ」

○営業部長:「働きかけても全然駄目ですよ。本当に自分から動こうとしないですから。まったく何を考えているのだか」

●社長:「具体的に答えてもらおうか。30代の部下たちに、君はこの3カ月以内に、どのような働きかけを何回、実施したのか」

○営業部長:「ええ?」

●社長:「ええ、じゃない。さっきから、はぐらかしてばかりじゃないか。部下への不満や愚痴ばかり言っていないで、彼ら彼女らをどのように変えようとしたのか言いなさい」

○営業部長:「社長、お言葉ですが、30歳を過ぎた部下に、部長である私が手取り足取り言わないといけないのでしょうか」

●社長:「繰り返すが『すり替え』は止めろ。よく分かった。君が問題だと思う部下たちに対し、君は具体的な働きかけを一切していないということだな」

○営業部長:「一切していないというわけでは」

●社長:「では君が働きかけたことを具体的に言いたまえ」

○営業部長:「……」

●社長:「要するに君は部下たちを遠目に見ながら、念力や超能力で動かそうとしていたわけだ」

○営業部長:「社長、そんな念力だなんて……」

●社長:「そうだろう。愚痴や不満ばかり言って、何も働きかけていない。君がやっているのは『きちんと仕事をしてもらいたい』と願うことだけだ。念力だと嫌味の1つでも言いたくなる。危機感や問題意識や主体性がないのは君のほうだ。営業部長として何をすべきが自分で考え、行動したまえ」

(kororiからリブログ)

同じことはライブドア事件にも言える。

2005年に起きたこの事件から、ウェブ業界がかなり萎縮したのは事実だろう。実際ライブドアのようにサイト買収で自社を大きくする企業がまったく出てこなくなった。ITや金融といった新しい産業を「虚業」と一蹴し、それに携わる人々をコケにしたかのような警察やメディアの動きは、日本の次世代産業を潰した直接的な理由といってもいいと思う。

197 ハマチ(dion軍) :2010/12/26(日) 00:04:21.28 ID:tbblkGIo0

昔は一つの農場に10人必要だった

そして10人で10の農作物を作っていた

しかし技術が進化し、今や一つの農場に必要なのは3人になった

3人で10の作物が作れることになったのだ

当然残りの7人は首にされる

この瞬間失業率は70%に達することになる

しかし一人は自動車会社を、一人は電機を、一人は外食産業を立ち上げ

残りの4人を雇い、失業率は0に。そして日本は成長し続けましたとさ

これが基本的な成長であり、失業率70%の部分が成長、改革の痛み

でそれを円滑に行うには解雇規制の緩和や法人税の減税が必要

で、就職難の原因は一体なんなんだよ
産業が効率化され人員がさほどいらなくなれば、新しい産業がそれを吸収しなくては働き口が無くなるのはあまりにもあたりまえのこと。

その新しい産業とはITであり金融だった。それを潰そうとしたのは誰か。そこで日本の競争力を削いだのは誰か。

そいつが今の就職難の最大の戦犯であることは間違いない。

(otsuneからリブログ)
(yuria1224からリブログ)
(yuria1224からリブログ)
(konishirokuからリブログ)

7.写真にストーリー性を持たせる

友達カップルを2人の家に撮りに行ったときの写真です。
2人が実際に写っていなくても、この写真からは2人の仲の良さがうかがい知れるでしょう。
さらに、写真左上に落ちているゴミが2人の生活感を垣間見せてくれています。

いい写真(綺麗な写真)を撮ろうとしてゴミを片付けてしまう人もいると思いますが、こういったリアリティーが写真により深いストーリー性を持たせてくれることもあるのです。
一瞬を切り取る一枚の写真には、必ず前後に時間の流れが存在します。
シャッターを切る瞬間に、それを強く意識してください。
日々徹底すれば、写真の質は一気に向上するでしょう。

(archelonからリブログ)

awwww-cute:

Caught my sisters cats having a kiss today

(konishirokuからリブログ)